ンレスとは

君達の仲間はすでに逮捕された。君達も抵抗をやめて出てきなさい。君達の家族や友人もみんな心配している。むだな抵抗はやめて出てきなさい」応答は全くない。突然、三階東側の窓から発砲した。突然、一パンツ。銃声は静寂な山々に響いて、峰から谷へ、まるで西部劇映画アラン・ラッド主演の「シェーン」でみた一場面のようにエコーする。腕時計をみると、午後二時六分。それっきり二十日は発砲してこなかった。

これらを、手で食おうが、フォークとナイフを使おうが、箸でつまもうが、あなたの勝手。かくて、民族、宗教、階級が、平和裏に庫然(こんぜん)一体となり、巨大空間における壮大無比の「辻〈食」が展開されるのである。の連帯人類は頭ではだめでも、胃袋で連帯できるのかもしれない。少なくも、食っているあいだぐらいは。もの食う人びとの大群のただなかにいると、そう思えてくるのである。

わたしの旧知で、上条さんの菩提寺の住職をしている三宅瑞晃師の紹介で、上条さんが、この原稿を持って、長野県の小学校国語教育研究会場にわたしを訪ねて来てくださったのが、その最初の出合いであった。長い苦難を越えて来た人のみのもつ、おちつきと誠実さと、かてて加えて、その人がらからにじみ出る謙虚なものごしが、このひとのすべてを物語っているようで、手渡された部厚い原稿とともに、何かずっしりとした人生の重みというものを、その時、わたしは感じとった。

広い室内に一杯いる人間が絶対的声援を送って呪えたければ、その人間は全世界に承認ざれ賞讃されていると同じことだ。その人間は(ほ)そこにいる人々の支持と激励によって、自己の犯罪に対してすら誇を感じて自ら是認することができる。良心の苛責などは毛頭感じない。あたかも正義の士が悲壮な決意をもって1うI犠牲的行為に出たかのような錯覚に陥る。(斎藤胴『悪の研究』東京元々社)この説を裏づけるかのように、〃正義の士″たる彼は、まず、〃絶対的声援″の核作りから着手する。

前に姉が「女が運転なんて」と反対されていたから、私は両親に黙って始めたのだ。でも、途中でお金が足りなくなり、結局、両親に頼み込むはめになった。案の定反対され、私は部屋に閉じこもって食事もとらず、ストライキまがいのことをやり、なんとか説得した。姉にまつわることではこんなことがあった。彼女が十九歳ぐらいのときだっただろうか、ある日、いつも気丈な姉が珍しく泣きながら帰ってきた。

しかし栗林はそんなものに殉じる気はなかった。栗林は、移り変わる戦闘の状況を戦訓電報で克明に報告している。硫黄島の後、米軍は台湾や沖縄に上陸してくると予想されていた。その際の防備に少しでも役立つようにと、正確な数字の把握、敵の戦術・戦法の観察と分析につとめたのである。当時の栗林の報告を、戦後に発表された米軍の資料と照らし合わせると、彼が正確に米軍の損害状況を把握していたことがわかる。

爆発指数が一○○を超えると、一、三年以内に突然破産がやってくるという指数です。いまの日本の財政に当てはめて考えてみると、「利払費」と「借換債」、それから「隠れ借金」に対する財政負担と考えていいと思います。なぜ日本がここまで財政が悪化したかlそれには、この国債を自由に発行できる仕組みが大きな原因になっています。この章ではその国債について考えましょう。第章国債バブルの行方国債って何?l国債は国の借金の借用書日本の国家財政がこんなに破産の危機に瀕している大きな原因が